海外FXは国内FXとはどう違う?安全に取引できる?

利用できるレバレッジが一番の違い

FXを始めるにあたって、いきなり海外FXを利用するという人はまず居ません。
誰に相談をしても、まずは国内FXから始めるようにと言われることでしょう。
その為、国内のFX業者をでの色々なルールに沿って取引を行うことになりますが、現在では国内FX業者では利用できるレバレッジが25倍までに制限されています。つまり、1万円の投資で購入できる外貨は25万円分までです。

海外FX業者ではこのような制限がなく、1000倍は当たり前、場合によっては3000倍のそれが利用できることも珍しくないので、一度の売買で大きな収益を得ることもそれほど難しくなくなっているのが一番の特徴です。

ゼロカットシステムがとても秀逸

FXでは証拠金が外貨ごとに定められている一定のラインを切ると、強制的にロスカットされてしまいます。
これは、証拠金がすっかり無くなり、足が出てその分が追証とならない為(最悪でも借金を背負うことはない仕組み)の措置ですが、時によっては急激なレート変動によってこのロスカットが瞬時には働かず、追証を背負う場合もあります。
この追証は借金として必ず支払わなければならず、後から返金されることもありません。

海外FXではゼロカットが当たり前となっており、そんな時でも追証は発生しない仕組み(その分は利用しているFX業者が負担してくれる)なので、国内FXより高いレバレッジを使えるにも関わらず、決して詐欺になるようなことは行っておらず、むしろその面では安心して利用できます。
国内FXの利用で思わぬ多額の追証が発生し、とても払えないと人に相談したような経験がある人こそ、ゼロカットがある海外FXに目を向けるといいかも知れません。

一瞬の勝負になる

1000倍レバレッジともなると、購入した外貨のレートが0.1%上がっただけでポジションの価値が2倍になります。
例えば、証拠金の1万円が1000万円分になる為、米ドルが100円ちょうどの時に10万ドル購入し、それが100.10円になった時に売却すれば2倍の2万円の返金が受けられます。

これを逆に考えると、証拠金の割合は0.1%ということになる為、その分の値下がりがあっただけで遭えなくゼロカットを食らい、そのポジションでの取引は終了です。
この程度のレート変動は早ければ1時間も掛からないで起こるので、正に一瞬の勝負です。海外FXは詐欺だ、危ないなどと評判以前に、海外FX特有の大きなレバレッジがそれだと思ってしまうほどの事態を引き起こしています。

きちんと理解した上で利用すれば安全な取引

高いレバレッジでの取引の為、先のような詐欺だと思うほどのマイマスの早さにも至ることがあるのが海外FXです。これをきちんと理解して利用すれば、短時間に大きな利益を上げることも可能で、何よりゼロカットによって追証を背負うことがないのでとても安心です。

大きな利益を目指すだけでなく、国内FXについてはもう分かったので違うものにチャレンジしたい、そこからステップアップしたいという人にも海外FXはおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました